へそ周りの脱毛はメンズ脱毛クリニックやサロンで受けよう

へそ周りのムダ毛が濃いだけで、相手からマイナスの印象を抱かれる可能性があります。普段はあまり見せない部位かもしれませんが、見せない部位もツルツルにしておくのがモテるメンズの考え方です。ここではへそ周りのムダ毛を安全に処理する方法、脱毛時に感じる痛みの程度、同時に脱毛したい部位などについて説明しています。

メンズ脱毛の魅力とニキビ対策の詳細について

意外と目立つへそ周りのムダ毛を綺麗にしておこう

へそは身体のほぼ中心にあって目立つことから、銭湯などに行くと周りから見られやすいです。おなかのムダ毛は少ないけど、へそだけムダ毛が目立つという人もいます。そうした人は医療機関やサロンのへそ脱毛コースを利用しましょう。

処理範囲はピンポン玉程度の広さになるのが一般的で、へそ周りの黒ずみを解消するためにも役立ちます。へそ周りは入浴時に洗いにくいこともあり、垢や皮脂などが溜まりやすいです。かゆみや赤みなどが頻繁に発生する人は、よく洗えていない可能性があります。

へそ脱毛をしてムダ毛をなくせば、洗浄効率がアップするので汚れを一掃できるでしょう。ムダ毛がある場所は汚れが溜まりやすいので、黒ずみ・ニオイが気になる場所は脱毛するのが得策です。メンズ専門のクリニックやサロンなら、へそ毛を減毛させつつ肌を白くしてくれます。

剛毛に悩んでいる人が肌を白く見せるためには脱毛するのが手っ取り早いです。へそ毛は特に異性からよく見られる部位ですから、相手から指摘される前に綺麗にしておきましょう。

へそ周りの脱毛は自己処理では難しい

へそ周りの狭い範囲のムダ毛は、自己処理すれば問題ないと思うかもしれません。しかし皮膚がやわらかい部位でもあるので、全身のなかでも特に痛みを伴います。ワックス脱毛をした男性のなかには、へそ脱毛をしたら痛みのあまりにトラウマになったという人もいるほどです。

毛抜きで抜くのも大変ですし、剃ってもすぐにチクチクしてきます。おなかは紫外線をあまり浴びない部位なので日焼けによる変色が発生しにくく、除毛後の毛穴が非常に目立ってしまうのです。へそ周りにはさまざまな毛質の毛が生えています。

太くて長い毛もあれば、細くて短い毛もあるのです。自己処理が難しい部位でもあるので、メンズ専門のクリニックやサロンでツルツルにしましょう。腕や脚毛などは少し残したほうが似合うという男性がいますが、へそ周りに関しては完全にツルツルにしても問題ありません。

中途半端に生えていると不潔な印象を与えてしまうので、産毛未満まで減毛させたいです。

脱毛には輪ゴムで弾く程度の痛みがある

メンズ脱毛のなかでもへそ周りは痛みが強く、輪ゴムで弾くくらいの刺激があります。脱毛機を照射するときにパチンパチンとした刺激があり、腕や脚よりも痛いと感じる男性が多いです。施術の痛みは処理回数が増えるほど軽減していくことが多いため、2~3回目になると気にならないという人もいます。

脱毛は最初が最も痛く感じる性質があるので、1回目を我慢すれば2回目は楽になります。脱毛の回数を重ねても痛みが強い場合は、肌が敏感になっているのかもしれません。着用するとかゆみ・ヒリヒリを感じるような下着は避けたほうがいいでしょう。

メンズ脱毛の痛みを抑えるには、普段からへそ周りのケアをしておくのがおすすめです。入浴後は化粧水で顔や手をケアする人は多いですが、へそに関しては放置しておく人が目立ちます。脱毛時の痛みが強くなる要因に乾燥があるので、日ごろから保湿してプルプルの状態にしておきましょう。

水分のベールが脱毛機の照射を受けたときにダメージを軽減してくれるわけです。へその乾燥を防ぐためには、洗うときに強く擦らないことも大切です。過度に擦ると敏感になって乾燥・かゆみなどが生じやすくなります。

へそ中心部は脱毛できるのか

へそ脱毛は基本的にへそ周辺の処理となり、へそに生えているムダ毛の処理は難しいです。ただ脱毛機の出力をかなり抑えれば、中心まで処理できるケースがあります。昔であればへそ周りに生えているムダ毛は、男性らしさをアピールする意味でも残しておいたほうがいいという意見がありました。

しかし現在は昔とは美に関する価値観が変化しており、へそ周りのムダ毛は不潔・臭いといった負の印象を相手に与えます。清潔感を演出するためには、スキンケアにこだわる以上に脱毛するのが得策です。男性ホルモンが活発に分泌される男性は、へそ周りのムダ毛が濃くなりやすいです。

特に色白の男性ほど目立ってしまうので、早めに処理しておきましょう。メンズ脱毛は成人後であれば何歳からでも受けられますが、年月とともに肌が弱体化していくことを考えれば、20代のうちに処理しておくのが得策でしょう。

ムダ毛を処理することで美意識が高まる男性は多いです。へそ周りのムダ毛はVIOやおしりのムダ毛に匹敵するほど女性から敬遠されやすいため、特にパートナーのいる男性はツルツルにしておきましょう。

メンズ脱毛のやり方はどれが良い?色々なお手入れのメリット・デメリット

へそ周りと一緒に脱毛したい腹毛

メンズ脱毛クリニックやサロンのへそ周り脱毛では、へそから直径数cmの範囲を綺麗に脱毛してくれますが、できれば同時に腹毛も処理したいです。へそ周りだけ濃いムダ毛が生えているのに、おなか全体はツルツルという男性は少ないでしょう。

へそ周りの毛は腹毛の一部とみなされているため、おなか全体をツルツルにするのが得策です。メンズ脱毛は広範囲の処理になるほど、処理面積あたりの料金が安くなります。へそ周りを処理してから腹毛を処理するより、最初から腹毛全体の脱毛プランを利用したほうが料金を抑えられます。

へそ周りのメンズ脱毛は40代以上で利用している男性が少なくありません。脱毛技術がまだ進歩していないころは、体毛の悩みは我慢するしかないと言われていました。シェービングをしてもすぐに伸びてきますし、かゆみを覚えるという人も多く、放置しているケースが多かったのです。

しかし今はクリニックやサロンで減毛ができるので、誰もがその気になればツルツル肌を目指せるのです。

クリニックでメンズ脱毛をお願いするときに比較をしたいポイント

へそ周りをツルツルにすれば女性からの評価が上がる

へそ周りのムダ毛が生えている男性は女性から敬遠されやすいので、メンズ脱毛クリニックやサロンで処理しましょう。自己処理よりも安全性が高く、へそ周りをツルツルの美肌にできます。痛みは処理を繰り返すうちに軽減していきますが、スキンケアを入念に行えばさらに刺激を抑えられます。

腹毛も同時に処理すれば、さらにモテる自分を演出できるはずです。