メンズ脱毛のやり方はどれが良い?色々なお手入れのメリット・デメリット

女性に負けず劣らず肌がキレイな男性が増えていますよね。メンズ脱毛も盛んで、つるつる肌を目指してムダ毛対策が行われているケースも珍しくないのです。色々なやり方がありますので、どれが良いのか迷ってしまうかもしれません。

よく考えずにやってしまうと、肌を傷めることもありますので、それぞれの特徴をチェックした上でベストな方法を選び出しましょう。

メンズ脱毛の魅力とニキビ対策の詳細について

定番グッズの毛抜き

お手軽な脱毛法と言えば、毛抜きが定番ですよね。ひたすらに摘まんで抜くというシンプルなやり方で、毛抜き自体も安いため、コストを掛けずに行えます。気になる部分の毛をサッと抜けるのがメリットであり、物理的に抜いてしまう方法ですので、すぐにつるつるにすることが可能です。

さすがに広範囲のお手入れとなると大変ですが、細かい部分をキレイにしたい場合には便利な方法と言えます。特に、ヒゲの形を整える際に実践されており、実際にやっている人も多いのではないでしょうか。ただ、毛抜きによるお手入れはあまり推奨されていません。

理由は肌へのダメージが大きいからです。毛穴を傷めてしまう可能性が高く、毛嚢炎と呼ばれるブツブツが発生する恐れがあります。毛穴が炎症を起こしますので赤みがかなり目立ってしまいますし、場合によっては病院での治療が必要になることもあるでしょう。

結果的に治療で高く付くこともあるため、簡単で安価にできるからといって安易にやってしまうのは注意が必要です。

一気に処理ができるブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスも人気のお手入れ方法です。専用のワックス剤を肌に塗り付け、そして一気に剥がしてムダ毛を抜き取るというものですが、広範囲のムダ毛をまとめて処理できるのが特徴です。根本的な仕組みとしては毛抜きと同じではあるものの、一度で処理できる量がブラジリアンワックスの方が圧倒的に多いです。

そのため、肌に刺激を与える回数が少なくて済み、不快な痛みを感じる頻度も減らせます。また、毛抜きよりもしっかりと抜けやすいため、つるつるが長持ちしやすいのもメリットでしょう。デメリットはやはり、毛抜きと同じく肌を荒れさせる可能性があることです。

強引に抜くことには違いありませんので、ある程度の負担は避けられず、肌が弱い人ですと赤くなってしまうこともあります。毛穴から少し血が出るようなケースもあることから、それなりに強い刺激がある脱毛方法であることをイメージできるのではないでしょうか。

お手軽な脱毛クリーム

いわゆる脱毛クリームもムダ毛対策に選ばれています。正確には脱毛をするためのグッズではなく、除毛効果に留まるのですが、人気のお手入れ方法のひとつではありますのでチェックしておいても良いかもしれません。このグッズは、体毛の成分であるタンパク質を溶かすことでムダ毛をなくせるというもので、クリームを塗って拭き取るだけでつるつる肌を手に入れられます。

シェーバーで剃った場合ですと、肌がチクチクすることがありますが、脱毛クリームの場合は毛先が丸くなることで不快なチクチクが軽減されるのが特徴です。便利に使える一方、肌荒れをする場合がある点に注意しましょう。

化学成分の力で体毛を溶かすという性質上、ある程度は肌への負担になってしまうのです。使用できる部位も限られており、デリケートな部位には使うことができません。使用をする場合はしっかりとパッチテストを行い、肌トラブルが起こらないことを確認の上で活用をした方が良いでしょう。

デリケートゾーン脱毛はメンズ脱毛クリームを使用したい

エステの光脱毛

専門店でのメンズ脱毛も人気です。エステの光脱毛が該当し、毛根の働きを抑制する光を当てて、発毛をしにくい状態へ導きます。メリットはムダ毛が生えにくくなることで、つるつるが長持ちするためにお手入れの頻度が少なくて済みます。

また、比較的優しい脱毛方法のため、肌がデリケートな人でも利用しやすいですし、気になる痛みも感じにくいでしょう。おまけに美肌効果も備えていることから、肌磨きを同時に行えるという良さもあります。そうした良さがある一方では、即効性がないのがデメリットです。

残念ながらすぐに脱毛ができるというものではなく、回数を積み重ねていくことでつるつるになります。完全なつるつるを目指す場合ですと、年単位で時間が必要になりますので、早く脱毛をしたい場合ですと不便に感じてしまうかもしれませんね。

クリニックでメンズ脱毛をお願いするときに比較をしたいポイント

医療機関のレーザー脱毛

病院でもメンズ脱毛を受けられるところがあります。レーザー脱毛と呼ばれるもので、強いレーザーを照射して体毛の細胞自体から破壊するのが特徴です。一番のメリットは永久脱毛ができることであり、半永久的に効果が持続します。

エステの光脱毛と似たような方法ですが、効果はまるで別物です。永久脱毛は医療機関だけができる行為ですので、他では同様の効果を得ることはできません。したがって効果重視で考えるのならば、医療機関一択となるのではないでしょうか。

ただデメリットもあり、まず痛みが強く感じられる場合があることです。強力なレーザーゆえに刺激も強めで、特にヒゲや脇、すねなど、毛質が丈夫なところほど刺激が出やすいです。また、ヤケドなどの肌トラブルを引き起こすケースもあります。

費用が高いのも欠点と言えます。保険は使えませんので自費となりますし、エステ店でのメンズ脱毛の倍近くの費用が掛かることもあるでしょう。

メンズ脱毛をしてパンツで隠れている部位のムダ毛をなくそう

強力なニードル脱毛

医療機関ではレーザー脱毛以外にも、ニードル脱毛という方法を選択できることもあります。現在ではレーザーが主流ですが、効果で言えばニードルの方が高く、一定の支持を得ているお手入れ方法でもあるのです。永久脱毛ができるというメリット以外にも、細かい脱毛を可能とするのも魅力です。

例えばヒゲ脱毛をする場合、デザインを作りたいという男性もいますが、ニードル脱毛は毛穴ごとにアプローチをするため、イメージ通りの形に仕上げられます。欠点は痛みが強いことで、レーザー脱毛以上に刺激が発生しやすいです。

毛穴に専用の針を挿入後、電気を流して脱毛をする方法であり、強めの痛みを感じてしまう人が多いです。施術時間も長くなりますので、忍耐強くないと最期まで受けることが難しいかもしれませんね。費用も高く付くこともデメリットと言えるでしょう。

拘束時間が長いこともあり、施術コストが高いです。保険も適用されないことで、それなりの金銭的負担を覚悟しなければいけません。

特徴を踏まえてメンズ脱毛を選ぼう!

色々なメンズ脱毛のやり方を見てきましたが、アプローチの仕方も効果の出方もそれぞれによって異なります。最終的には自分にとって良い方法を選択することになりますが、しっかりと違いを理解の上で選ぶことが大切です。

やり方次第では肌を荒れさせてしまうこともありますので、安全性のことも踏まえつつ選び出すようにしましょう。

へそ周りの脱毛はメンズ脱毛クリニックやサロンで受けよう